スプレッドとスワップ

売りと買いの差がスプレッドです。売買手数料を別にとらない口座ではスプレッドの中に売買手数料が入っています。顧客が売買するたびにスプレッドという形でお金が入る仕組みであるのはFX業者に限ったことではありませんが、どことは申しませんが宣伝が過度に激しかったりF1レースを協賛したりするような業者のスプレッドは狭くできないでしょう。

スワップ金利は通貨間の金利差でつく利息です。例えば米ドル円の取引で円より米ドルの方が金利が良いので通常ドルを買えばプラスの金利を売ればマイナスの金利がつくはずなのです。売っても買ってもマイナス金利という業者もありますので注意です。売りと買いでの金利の差はしかたないとしてもプラスになるはずの米ドル買いでマイナスってどうなのよと思います。デモ口座ではプラスなのにリアル口座ではマイナスなんて信用できません。実際にリアル口座を開かないと分かりませんが、うそつきは泥棒のはじまり付き合っても良いことはありませんから入金しないで起きましょう。