複数の時間軸で見ること

1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、週足、月足によってその時々のチャートの様相は違っている。どの時間足の移動平均線からσ=2を足一本できちんと反発するのかは判然としない。1分足から順にたどれば、ほぼいずれかの長時間チャートを意識して反発しているように思う。1分足を見ているとσを大きく逸脱した場合には必ず小さな反発が見られるがまれに反発らしい動きのないまま連続して逸脱する場合にどこで反発するかの予想値を5分足で知ることができる。5分足のσ=0ライン下で踏ん張るのか5分足のσ=2をも突破して反発しない場合は15分足でという風に長い時間を見て判断するのである。

小さな波は大きな波のゆらぎに過ぎないが、ちりも積もれば山となる。小さな波を利益に変えることができるならエントリーチャンスは一番多い。兼業であるなどの理由でチャートを頻繁に見ることができない場合には1時間足以上のチャートでチャンスは少ないが大きく取るというのも1つの手法であると思う。1時間足とでσを連続して逸脱する場合があるので4時間足日足を見て連続がいつ止まり反発するのか見当をつけることができる。どこまで下がり続けるのかるのかどこまで上がり続けるのかを予め予想することができれば不安は多少改善される。自分のエントリータイミングを把握するチャートより長い時間軸のチャートは必ずチェックしたいものです。

明けまして

おめでとうございます。2018年も2日からチャートは動き始めました。トレーダーの皆様に於かれましては元気にトレード開始したことと思います。サイト管理人の私は風邪気味で本調子ではありません。インフルエンザも流行っているようでお体を大事にして励んでくださいませ。リンク集にbitFlyerを追加しました。TitanFXやTradeviewではビットコイン入出金ができます。昨年ビットコイン送金するためにbitFlyerとUpholdに口座を開きました。FX口座に入金しないでそのまま持っていたら20倍くらいになったと思います。たられば話をしても仕方ないのですがビットコインの口座をひとつ作っておくと海外送金が格安でできますのでオススメです。