LESSON7:マルチメディアなページにしよう。
●効果音やムービーがあると楽しいですが,ネット上が混んでると有り難迷惑になります。 でも,ちょっと位は良いですよね。 ブラウザの種類やバージョンによっても動作が異なります。 おまけにそのパソコンに入っているプラグインによっても動作しなかったりもしますので マルチメディアの道は険しいです。詳しくはご自分で調べてください。

■音を出してみる。;<BGSOUND SRC="音のファイル名"> Internet Explorer独自のタグで,ページが開かれた際にバックグランドに効果音やBGM等の サウンドデータを再生します。
再生可能なファイル形式には
MIDI(.mid),
WAVE(.wav),
AIFF(.aif),
AU(.au)があります。
<BGSOUND>タグは<HEAD>〜</HEAD>内に記述してください。
loop属性では再生回数を指定します。 loop="infinite"と指定すると,ページを閉じるかブラウザの中止ボタンを押すまで再生を 繰り返します。
このページの<HEAD>〜</HEAD>内には <BGSOUND SRC="open.wav">が書き込まれてたので,開いたときに音がでました。

■汎用タグで動画や音声を再生する。<EMBED SRC="ムービーファイル名"> 動画や音声などのプラグインを必要とするデータをページに埋め込む際に使用します。 src属性で指定ファイルを読み込み,ブラウザに追加インストールされたプラグインで データを再生します。
よく利用されるプラグインデータには,
動画データには,MPEGファイル(.mpg)
・FLASHファイル(.swf)
・QuickTimeファイル(.mov)等,
音声データにはWAVEファイル(.wav)
・AIFFファイル(.aif)
・AUファイル(.au)
・MIDIファイル(.mid)
・RealAudio(.ra) 等があります。
再生するデータの形式により,必要なプラグインは異なります。

お使いのブラウザがChromeであれば下のWAVファイルが再生されます。また、このページの表題をクリックしても 真っ黒なだけのページが開きますので試してください。タグは次の行のようにかくだけです。

<EMBED SRC="./audio/ahiru.wav">

お使いのブラウザがIEであれば下にビデオが再生されます。また、このページの表題をクリックすると 真っ黒で音楽だけのページが開きますので試してください。タグは次の行のようにかくだけです。

<EMBED SRC="./audio/robe.avi" autostart="false" WIDTH="300" HEIGHT="290" >

次は,いよいよジャバスクリプトです。


LESSON6| LESSON8