資金量とリスク管理

資金量が少ないとリスク管理ができません。トレードが確率的なもので優位性を確かめるにしても大数の法則が適用できるくらいの回数が必要です。例えばレバレッジ100でロット0.01でUSD/JPYを取引するのに現在のレートが110円だとすると必要証拠金1100円となります。この場合極端な話ですが資金が1100円しかないとするとスプレッド分マイナスになるので買い注文を入れたとたんに残高がスプレッド分マイナスになり価格変動を待たずに口座は飛びます。11,000円ではどうでしょう。10回近くトレード出来そうです。でも10回では平均の意味がなく運の要素が大き過ぎて優位性は確認できません。11万円なら100回分です。11万円の資金に対して1100円は1%です。どんなに下手なトレーダーでも100回連続負けることは難しいのでなんとかトレードを続けられそうですね。

最低ロットの必要証拠金に比して資金が少ない状態でのトレードは高リスクです。タートルズでもリスクに晒していいのは1回のトレードで3%までとしているようです。1%ずつ3回までエントリー可能というふうにも考えられます。1回のトレードでの利益幅と損失幅が同じとすると勝率50%でトントン。勝率50%以上ならばそのトレード手法に優位性があると言えるでしょう。利益幅と損失幅の比を4:1とすると勝率20%でトントン。逆に1:4では勝率80%でトントンです。コツコツ1取ってドカーンと4取られても勝率80%以上なら資金は増えていきます。話の焦点がぼけてしまい勝率ばかりにこだわってもダメなんだということの反省になってしまいましたが、とにかく資金が少ないとリスク管理ができないということは分かると思います。

MetaEditorとRictyDiminished

MQL4 Tutorialを参考にプログラミングに挑戦してみましょう。MT4のツール(T)→メタエディター(E)でMetaEditorを開くことができます。ナビゲーターに表示されているツリーを開いてEAやScriptsのサンプルコード開いてみて下さい。チュートリアルを参考にコードと意味を探りちょっとずつ変更しながらプログラミングを学べると思います。

プログラミング初心者を謎のバグで泣かせる問題全角スペースを明示してくれるプログラミング用フォントがRictyDiminishedです。このフォントをインストール後MetaEditorのツール(T)→オプション(O)→フォントでRictyDiminishedを指定することができます。こうすることで全角スペースを赤点線の丸で表示してくれますので無用なバグを未然に防ぐことができます。

追記:Windows10では問題ないのですが、Windows7ではMetaEditorでRicyDiminihedのフォント指定ができないようです。

我が家のネコ様は

エサ皿の前に座って餌が出てくるまでじっと待つ。

ドアの前に座ってドアが開くまでじっと待つ。

洗面所のシンクに座って水が出てくるまでじっと待つ。

誰かが気づいて願いを叶えてくれるまでニャンとも言わずにじっと待っていることのできる我が家のネコ様はトレーダー向きだと思う。どんなインジケーターを使ってもエントリーチャンスまでじっと待つこと、チャンスには躊躇なくエントリーすることができなければ意味がないと思います。

〇売りのエントリータイミング・・・移動平均線の並びが上から赤青黄緑に等間隔で並びボリンジャーバンドの上破線を上に超えた時点

〇買いのエントリータイミング・・・移動平均線の並びが下から赤青黄緑に等間隔で並びボリンジャーバンドの下破線を下に超えた時点

理屈的に金利差と通貨発行量で為替レートは適正価格に決まるはずです。でも価格変動がなかったらFXトレーダーは全員飢え死にしてしまいます。常に参加者の思惑で市場価格はゆがみます。そのゆがみを上手に頂くのが賢いトレーダーということになります。通貨の組み合わせで売り買いどちらが有利かを考えるとスワップ金利がプラスの方です。ですから、エントリーは有利な方、例えばUSD/JPYなら買い、EUR/USDなら売りに徹し、証拠金不足に陥りそうな場合を除いて保有し続けるというのも一つの手かなと思います。

 

MetaQuotes Language 4

MetaQuotes Language 4(略称:MQL4)はトレード戦略作成のためのMetaTorader4のビルトイン言語です。 MQL4はオンライントレードプラットホーム製作の長い経験を基に MetaQuotes Software Corp.によって開発されました。この言語を使えば自分のトレード戦略にピッタリあったシステムトレードを実現するプログラム Expert Advisor(EA)を作ることができます。また、MQL4を使ってカスタムインジケータやスクリプト、 ライブラリーやインクルードファイルを作ることができます。Build600以後のバージョンからMQL4とMT5の両方で動作する プログラムを同じコードで作成できるようになりました。 殆どのFX業者はMT4がメインですが今後MT5への移行が進んでも同じソースコードを使うことができます。 データ型が追加されClassなどのオブジェクト指向プログラミングに必要な機能をサポートしていますのでほとんどC++言語だと言えます。

弛まざる歩み恐ろし蝸牛

土日の2日間でFX業者の選定とトレード環境のカテゴリーを書き終わったけど、日付が変わってしまい月曜には更新ならず。毎日蝸牛のようにコツコツが理想だけど難しいです。

書くことは考えること。0から再建するのって大変だけれど自分のこれまでを振り返りこれからを考えるには良い経験になります。今日から業界標準トレードツールMT4について書いていこうと思います。ということでとりあえず寝なくては・・・

 

デジタル電波時計と無停電電源装置

トレード環境に必須ではないけれどあった方が何かと便利なデジタル電波時計。チャートの表示でPCの画面がいっぱいになってしまい正確な時間が画面では確認できない時にあると便利です。15分、30分、1時間の刻みでチャートが大きく動くことがあるので常に時刻を意識してトレードするためにもあった方が良いと思います。

停電は頻繁に起こることではありませんが、ルーター・PC・モニターは無停電電源装置を経由させておくことでトレード環境に安心感が得られます。たまたま停電時に相場が大きく動いたらどうしようと思う不安を解消するためにも無停電電源装置があったら良いと思います。バッテリーは経年劣化するのでこればかりは新品の多少容量の大き目なものを設置すると良いです。

ほとんどのPCはオーバースペック

現在販売されているPCはほとんどがFXトレードをするだけでしたらオーバースペックです。ディスクトップパソコンでもノートパソコンでも中古の古いもので支障がないと思います。高価な最新PCを使ったらFXトレードが上手くいくなんてことはないのでそんなお金があるのなら証拠金に回した方が良いと思います。極端に言えばPCなんかなくてもタブレットやスマートフォンが1台あれば事足ります。

私は、トレード用に6面マルチモニターのワークステーションを2セット用意していますが、いずれも自分で中古の格安グラフィックボードを組み入れたものです。手間暇かければ安く上がります。お金はあるが手間暇かけたくない人や苦手な人はFXトレード専用をうたい文句にしたマルチモニターシステムが販売されていますのでそちらを購入すると良いです。ただし、マルチモニターなんかあるといろんな時間軸のチャートを同時に見られて便利だね程度のものです。

海外FX業者選定評価項目まとめ

優先順位はさておき海外FX業者を選ぶにあたって評価したい項目を列挙してみました。すべてを満たす業者はないと思います。ご自分で評価した優先順位で評価項目に点数をつけて順位付けをすると良いと思います。

日本語サポート体制の充実

円建て口座可能

最低取引ロットが小さい

レバレッジが大きい

スプレッドが狭い

もちろんゼロカット

ビットコイン入出金が可能

国内銀行入出金手数料が無料

売りスワップ金利マイナスが小さい

買いスワップ金利プラスが大きい

システムが安定している

ワンクリック注文可能

キャッシュバックリベートが高率

ちなみに私は、FinalCashBackというIB業者を通して5つの海外FX業者に口座を開いています。以下順不同ですがTitanFX、Milton Markets、FxPro、ICMarkets、TradeViewです。それぞれに特徴がありますし、ご自分の条件に合う海外FX業者を選定していただけたら幸いです。それぞれの条件は日々変化します。この先選びなおすことがあるかもしれません。その時はこのカテゴリーに追記したいと思います。

ワンクリックとシステムの安定性

業界標準トレードツールmt4は、それぞれの業者が提供しています。もともとワンクリックで売買ができるのですが、デモ口座ではワンクリックが使えて他の条件も良いのにリアル口座になると突如としてワンクリックのボタンが消えてしまうという業者があります。これではスキャルができません。実際にこんな業者が何社かあります。デモ口座でもワンクリックができない使用ならば問題ないと思いますが、こんなことで騙して口座を開設させようなんてせこすぎます。

急落急騰時にシステムが停止してしまう又はシステム停止がたびたび起こる業者もいただけません。但し、デモ口座ではサーバーが不調でもリアル口座でのサーバーは安定しているという業者もあります。接続先が不調だなと思ったら、リアル口座の接続先がLive1、Live2 ・・・と複数ある場合には回線スピード〇〇msが一番小さな接続先に変更してもらうと快適になる場合もあります。日本国内にサーバーがあり接続スピードが超高速なら最高ですが、スピードだけでなくシステムの安定性を総合的に考えないといけないと思います。

入出金手数料と取引ロット。

国内の銀行経由で送金したら、出金も銀行経由だけ。クレジットでの入金は、クレジットの払い戻して出金。ビットコインでの入金は、ビットコインでの出金。銀行送金はFX業者の入出金手数料が無料でも出金に国内銀行へ支払う手数料が5千円程度かかります。国内に海外FX業者の入金用銀行口座があって入金手数料無料でも出金にはそれだけかかります。クレジットはなんかいやだ。ビットコインはそれ自体の変動が大きいので心配などと考えると入出金方法がなくなってしまいます。それぞれの入出金方法には一長一短がありますので多様な入出金方法を提供している業者が良いです。

取引の取引ロットの最小下限はできれば小さければ少ない資金でもリスク管理をしやすくなります。但し、小さいロットでの取引可能な口座はキャッシュバックが無かったりするので注意です。資金量に見合ったロット数で取引可能な口座を作れる業者を選ぶことが大切です。一般的には0.01(レバレッジ100倍で必要証拠金が10ドル相当)が最小取引量です。ボーナスあげます業者は甘くない。貰ったらそれに見合う以上の取引がないと出金できません。ただほど怖いものはない。自分の余剰資金でやるのが良いです。まとまったお金がなかったら取引は控えた方が良いです。市場は続くのでお金がなくても慌てることはありません。リスク管理ができる程度のお金を貯めてから始めれば良いのです。